Googleアドセンスの審査を飛び級合格!?2017年

スポンサーリンク

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-05-23-13-23
こんにちは!藤本美香です!!

実は、このブログをGoogleアドセンスに申請していたのです!!!

 

理由は、私が子供を育てながら稼げるようになる事により、この記事を見てくれているママさんの力になれると思ったから。

 

なので、まずはGoogleアドセンスに挑戦する事にしました!!!

 

そして、なんとなんと、約1ヶ月間弱の20記事で飛び級審査合格したのです!!!!!
2017年元旦に合格通知が来たので嬉しいお年玉でした♪♪

 

世の中にはGoogleアドセンスに審査を通す記事は検索するといっぱいありますが、今回は私が行ったやり方を綴っていきたいと思います( ゚д゚ )

 

1、私が作った審査用のブログ

アドセンス用のブログを作るには「独自ドメイン」を取得してブログを作成しないと審査が通らないと言われています。

 

私は実際にアドセンスで稼いでいる齋藤さんにお聞きし、オススメの【WordPress】で作成をしました。

 

WordPressを使うには、別途サーバー契約も必要です。サーバーも色々ありますが私は【XSERVER(https://www.xserver.ne.jp/)】を利用させてもらっています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-05-23-33-46
XSERVERを契約し、WordPressをインストールすると、ひとまず標準のテンプレート(テーマ)で 表示されますが、そのまま使用したのでは、「とりあえずブログを作りました」 という感じになってしまいます。また標準テンプレートは英語対応なので、いちいち訳すのが大変です!!!

 

なので、有料にはなってしまうのですが私は【STORK(https://open-cage.com/stork/)】を利用しています( ゚д゚ )

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-05-23-33-12
STORKの良いところは、日本語に対応しています。ここはとっても大きいです!!

 

そして、日本人用に作られているのでカスタマイズが簡単です!!!ランディングページも作れるのでプロっぽさを出しやすいテーマかと思います!!!

 

2、記事を20個以上投稿した

アドセンスの審査を通す際、他のサイトでは30記事以上の投稿をしてから審査を受けるようにと書いてある所が多いです。

 

しかし、私は自分の記事に自信があったので(笑)

 

毎日1記事ずつ書き、20投稿に達した時点でアドセンスの審査に出しました!!!

 

もちろん、念には念をで30記事以上投稿してから審査を出してもいいかと思いますが、大事なのは【記事の内容、質】なんだと思います!!!

スポンサーリンク


3、記事の文字数は1000文字以上にした

1記事あたりの文字数ですが、私は1記事あたり1000文字以上にしました。

 

記事の数が多くても、1つ1つの記事の内容が薄くては絶対に審査には通りません。

 

記事のボリュームが少ないと、読者さんがそのブログに滞在する時間はどうしても少なくなってしまいます 。人が長く滞在しないブログに広告を表示させても高い宣伝効果は見込めません。

 

つまり、Google や広告主にとって広告を掲載したいブログにはならないわけです。ですから、1記事1000文字以上というボリュームを満たすようにしました。

 

4、記事の更新頻度は毎日

アドセンスの審査では記事の投稿数、文字量だけではなく、ブログ記事の更新頻度も審査されます。

 

Google側も、継続して運営されているサイトに広告を出したいからです。

 

なので、毎日更新し続けました。

 

もし、毎日記事を書くことが出来ない場合は、予め複数の記事を用意しておきブログの予約投稿機能を使い、記事が書けない日でも自動で記事が更新されるよう設定しましょう。

 

5、ブログの運用期間は1ヶ月

運用期間というのは、ブログを初めてどのくらい時間が経過しているかです。運用期間が浅いブログよりも、継続して運用されているブログのほうがGoogleからも信用されるそうです。

 

私の場合は1年前に作ったWordPressがあったので、そこをリニューアルして運用開始しました!

 

なので、実質1年以上運用されている事になりました。(記事は更新していませんでしたが・・・)

 

6、記事の内容に統一感

ブログで取り扱う記事が性的なものや暴力的なものなど反社会的なテーマである場合、アドセンス広告を載せるべき場所ではないと判断され審査に落とされます。なのでブログ記事を書く時は反社会的な記事は書かないでください。

 

また、Googleが大事にすることは「人の役に立つ記事か?」

 

なので、人の役に立たない記事は審査から落とされるし、自己満足記事も落とされます。

 

ブログ内容に統一感も大事になります。

 

ターゲットをあの人もこの人もとやっていたら、統一感なく、逆に誰にもみてもらえない記事になってしまいます。ターゲットを決め、記事内容を統一していくことは大事になります。

 

7、コピペ記事は禁止

これは、アドセンス審査の期間中も、アドセンス審査に通った後でも共通しますが、記事を書く際は、単にニュースサイトの記事をコピペするのではなく、そこに自分の考えや意見、言い回しなど、独自の記事を書きます。

 

Googleは、コピーコンテンツを嫌いますし、コピーコンテンツかどうかもすぐに見分ける事もできます。

 

私は自分の経験したこと、体験したことを基に記事を書きました!

 

8、外部リンク、違約違反の画像、動画を使わない

審査期間中は、記事内に外部リンク、画像、動画は極力使わないで下さい。特に画像や動画は規約違反になりやすいので注意が必要です。

 

ただ、画像が何もないと逆に見栄えが悪く、素人感満載になってしまうので、私は無料画像サイトから画像をダウンロードしまくりました。

 

特に【アイキャッチ画像】の設定は、記事を読ませるために大事になるので、無料画像サイトの画像を使うよう徹底してください。

 

審査に申し込んだら飛び級合格!?

上記に書いた事を徹底し、2016年12月19日にアドセンスの一次審査に申し込みました。

 

しかし、実は、最初の一次審査は落ちてしまったのです。

 

12月21日にアドセンスから「Googleのポリシーに準拠していないサイト」と下記のメールが来ました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-06-0-22-07
 

ただ、私は出産直後だったため、ブログの修正ができず年が明けました。

 

そんな矢先、2017年1月3日、アドセンスからなんとなんと合格メールが届いたのです!!!!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-05-23-13-23
 

しかも、2次審査も合格したらしく、アカウントに入ると下記のような状態に><!!!!

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-05-22-28-19
 

広告が貼れるようになりました!!!!!!!

 

再審査を通していないのに、なぜか一次審査&二次審査合格という飛び級合格をしてしまったのです!!!!!

 

その原因は謎ですが、Googleさんからの出産祝いということで有り難く受け取る事にしました(笑)

 

まとめ

いかがでしたか???

 

アドセンスの一次審査が難しくなったと言われていますが、人の為にまる情報発信する事を徹底し、ボリュームやテーマに気をつける事で合格はできると思います!!!!!!!

 

私のように飛び級合格できるかはわかりませんが(;・∀・)

 

この記事で少しでも参考になれれば幸いです!!!!

 

また何か質問などありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね( ゚д゚ )!!!!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

0歳の娘を育てながら、コミュニティビジネスにて過去最高売上を更新中。コミュニティビジネス構築研究所所長、広告費ゼロで年間2000人以上の見込み客が集まる交流会の顧問。過去5年間で主催したイベントに1万人以上が集まるなど集客ではなく「誘客」を得意とする。現在は事業主を対象にコミュニティビジネス構築、チームレバレッジ構築、ファンクラブづくりを教えている。