帝王切開でかかった費用が意外と安い!私の明細を大公開!

スポンサーリンク

こんにちは!藤本美香です。

 

先月(2016年12月15日)、帝王切開にて第一子を出産したのですが、なんと費用が黒字になったのです!!!!(゚д゚)!

 

帝王切開は費用が安くなると噂では聞いていたのですが、まさか黒字になるとは思わなかったので、今回は明細書を公開しながら説明していきたいと思います(^_-)

 

今後、帝王切開で出産予定の妊婦さんの参考になれたら幸いです(^_-)


 

実際は「黒字」になった出産費用!

 


まず、私が実際に病院からもらった請求書を添付いたしますね(^_-)

IMG_3019
 

ご覧の通り、予定帝王切開の費用は【559,520円】でした!!!

 

あれれ、この数字を見て「高い!!」と感じた人もいるかと思いますが、この数字から国からいただける「出産一時金」の420,000円を引いた金額が実際に私が支払った金額となります。

 

559,520円(請求金額)ー420,000円(出産一時金)=139,524円(支払ったお金)

 

 

139,524円が退院日に支払ったお金となりました。これだけでも随分「安い!」と感じた人がいるのではないでしょうか??そのはずです!!分娩費用は平均で15万〜25万円かかると言われているので、平均金額だけをみてもかなり安いかと思います!!

 

ただ、これだけでは終わりません。(まだ黒字ではないので!)

 

私は事前に住友生命保険に加入していたので、開腹手術として保険が適用!!!【253,000円】保険屋さんからおりることが決定しました。

 

139,524円(帝王切開で支払った費用)ー253,000円(保険でおりるお金)=113,476円

 

113,476円、黒字になったのです!!!!!!!(゚д゚)!

 

では、実際に私が使った公的制度などをご紹介しますね!!!!!!
[ad#co-1]
 

私が使った公的制度と保険について!

 

私が実際に使った制度は

 

①出産一時金

②出産一時金直接支払い制度

③高額医療制度細

④住友生命保険(これは保険に入っている場合のみ)

 

この4つを使わせていただきました。①と②は自然分娩と同じなのですが、ポイントは③を使う事です。③は帝王切開でしか使えません。③を使うことでだいぶ費用が抑えられるので活用してみてください。(④は帝王切開が決まってしまうと加入できなくなるので、帝王切開の前兆がある時点で加入しておくことをオススメします!)

制度の使い方はこちらの記事にまとめています→帝王切開の費用は払えるの?出産一時金含め申請方法を公開!

[ad#ad-1]  

まとめ

出産自体が初めてで、しかも帝王切開!正直なところ、もっと逆子対策をしておけばよかったと凄く後悔しました。(まだ間に合う人はぜひ逆子対策を!)

 

開腹手術を受け、術後が本当に痛くて痛くて大変だったし、何よりも産後すぐに子供と一緒に居られないのが悲しすぎました。

IMG_3023
(↑術後の私。嘔吐が止まりませんでした。。。)

 

ただ、今回、費用の面で黒字になったのでラッキーではありました。

 

実際に帝王切開を体験した者として、帝王切開自体はあまりおススメはしません。まだ自然分娩の可能性が残っている人は、ぜひ諦めずに準備をしてくださいね(^_-)

 

もちろん、帝王切開もちゃんとしたお産だと思っているし、何よりも子供が安全に健康に産まれてくる方法が最優先だと思うので!!!!

 

帝王切開や費用について聞きたいことなどありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね♪♪

 

出産は終わりではなく、始まりです!!!この記事を読んでくださる妊婦さんが母子ともに無事に出産できますように(^_-)

 

最後に、出産後すぐに撮影した私の子供です!!子供の顔を見た瞬間、もう涙が止まりませんでした!!産まれてきてくれてありがとう!!!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
IMG_3024
 

関連記事

帝王切開後の産後ダイエットで注意すべき6つのポイント

2016.12.09

帝王切開の本当のリスクとは?病院からもらった説明書で解説!

2016.12.04

帝王切開の費用は払えるの?出産一時金含め申請方法を公開!

2016.12.02

逆子の帝王切開はいつ決まる?私と経験者の場合をご紹介!

2016.11.29


 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

0歳の娘を育てながら、コミュニティビジネスにて過去最高売上を更新中。コミュニティビジネス構築研究所所長、広告費ゼロで年間2000人以上の見込み客が集まる交流会の顧問。過去5年間で主催したイベントに1万人以上が集まるなど集客ではなく「誘客」を得意とする。現在は事業主を対象にコミュニティビジネス構築、チームレバレッジ構築、ファンクラブづくりを教えている。