妊娠中の腰痛が辛い!和らげる寝方とは?

スポンサーリンク

妊娠中に幾度となく襲ってくる【腰痛】!!腰痛を和らげる為の寝方とは?

 

こんにちは!藤本美香です。

 

きっとこの記事を読んでくださっている方は一度は【腰痛】に悩まされたのではないでしょうか?

 

妊娠すると体がどんどん変化していきます。その為お母さんは戸惑うことも困ってしまうこともたくさんあると思います。

 

なかでも妊娠をきっかけに腰痛で悩む人はとても多いのです。これは赤ちゃんが成長するとおなかが大きくなり、腰に負担がかかることが主な原因です。

 

今回は、妊娠中につらい腰痛が生じる原因を解説し、妊婦さんにおすすめの腰痛が和らぐ寝方をご紹介したいと思います。

 

妊娠中の腰痛の原因

妊娠初期の腰痛について

妊娠初期の腰痛には「リラキシン」というホルモンが影響しています!

このホルモンは妊娠3か月頃に分泌され、出産の際、赤ちゃんがお母さんの骨盤をスムーズに通ることができるように関節や靭帯を緩める働きがあります。

 

しかし、骨盤が緩むと周りのお尻や腰の筋肉が骨盤を支えようと無理をしますので、そのにより腰痛が起きやすくなるのです。

 

痛みとしては生理痛のような鈍い痛みを感じる人もいれば、まるでぎっくり腰のような激しい痛みを感じる人もいます。また、じわじわと痛みが続く場合や、突然痛みを感じる場合もあるようで、痛みの感じ方には個人差があります。

 

腰痛がつらいからといって鎮痛剤を飲んでしまうと、妊娠超初期であっても赤ちゃんに影響があるといわれています。

 

妊娠後期の腰痛について

妊娠後期の場合も、初期と同様に「リラキシン」というホルモンの影響を引き続き受けるため、腰痛が生じやすくなっています。

 

また、赤ちゃんの成長に伴っておなかが大きくなり、重心が前の方に移動するため、うまくバランスを保とうとして背中の筋肉が緊張し、腰痛が起こる場合もあります。

 

その他、妊娠中は脂肪を蓄えやすい体質になることで体重が増加し、体の重さが腰に負担をかけていることも考えられます。

 

貧血やつわりの症状などで運動不足になることも原因の1つであるといわれていますし、出産に対する不安感といったストレスも腰痛を悪化させるといわれています。

 

妊娠後期の場合、骨盤ベルトが腰痛にとても効果的です!!!
この効果はもちろん助産師さんも認めており、病院で骨盤ベルトを勧められる場合も多いです。

スポンサーリンク


腰痛を改善する方法

腰痛がつらいからといって鎮痛剤を飲んでしまうと、妊娠超初期であっても赤ちゃんに影響があるといわれています><

 

医師が処方する「カロナール」であれば比較的安全であるとされているようですが、近年では影響があるという研究結果もあり、できるだけ服用しないことが望ましいです。

 

おすすめは骨盤ベルトの着用です!!!

 

先ほどお話したように、妊娠中の腰痛の原因は骨盤の緩みなので、こういったベルトで骨盤を支えてあげれば腰への負担が軽減され、痛みも和らぎます。

 

インターネットなどでも購入することができますので、骨盤ベルトを装着して横になってみましょう。何もしないで横になるよりもおなかや腰の周りが安定し、腰痛も和らぐかと思います。

 

とはいっても、骨盤ベルトは体を締め付けるものなので、できれば何も装着せずに楽な姿勢で眠りたいですよね。次におすすめの寝方をご紹介しますので、ぜひお試しください♪♪

 

また、妊娠後期の急な腰痛は陣痛である可能性もあります。赤ちゃんの頭で骨盤が圧迫され、腰の痛みとなってあらわれるためです。妊娠後期に入ったら、腰痛の具合を常に意識しておくことも重要です。

 

腰痛を和らげる寝方について

妊婦さんにおすすめの寝方は、【シムスの体位】が良いと言われています!!

 

19世紀にイギリスで提唱された寝方です。病院でもこの寝方を推奨されているところが多いので、赤ちゃんにも負担をかけずに安心して横になることができます。

 

もともとこのシムス体位は直腸を検査する際や、昏睡状態に陥った患者の気道確保の際に使われていた姿勢ですが、妊婦さんの腰の負担を和らげることができると広く知れ渡るようになりました。

 

シムスの体位の手順

①身体の左側を下にしながら横向きに寝転がります。おなかを圧迫してしまわない程度にややうつぶせになりましょう。

 

②左手は後ろの方へ軽く曲げ、右手は反対に前の方へ軽く曲げます。

 

③右足は膝を曲げ、左足はまっすぐ伸ばしましょう。

 

この寝方をすれば子宮が内蔵を圧迫しないので、とても楽に寝ることができます。また、血液の循環が良くなり、さらにリラックス効果も期待することができます。

 

また、抱き枕を使用したシムス体位もおすすめです。こちらも同じく左側を下にして横になり、両腕と両足で枕を抱くという寝方です。抱き枕を使うことで体重がうまく分散されて、腰への負担も軽減されます。

 

避けるべき寝方について

妊娠中は仰向けで寝ることはおすすめできません!!

 

妊娠前から仰向けで寝ているという人は、妊娠してもそのまま仰向けで寝てしまいがちですが、これでは赤ちゃんや羊水などで重くなったおなかの重さがそのまま腰への負担となってしまいます。

 

妊婦さんの姿勢はどうしてもおなかを支えるために体が反っているため、腰痛がさらに悪化することも考えられます。

 

また、大きくなった子宮が背骨の上に乗ってしまうことになります。すると、赤ちゃんと背骨の間にある大静脈が圧迫され、下半身から心臓に戻る血液が減ってしまいます。

 

すると、心臓から送りだす血液も不足し、頭に十分な血液が送られず、脳は酸素不足となって気分が悪くなり、「脳虚血」の状態となります。

 

もちろん、赤ちゃんに酸素や栄養を届ける胎盤に行く血液も減りますから、赤ちゃんも苦しくなります。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

腰痛を無くすことは出来なくても、寝方を変える事で和らげる事ができます。

 

また、腰痛がひどいようでしたらお医者さんや助産師さんにご相談し骨盤ベルトの購入も考えていきましょう♪♪

 

何よりもお母さんと赤ちゃんの安心・安全を第一にしてくださいね♪♪

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

0歳の娘を育てながら、コミュニティビジネスにて過去最高売上を更新中。コミュニティビジネス構築研究所所長、広告費ゼロで年間2000人以上の見込み客が集まる交流会の顧問。過去5年間で主催したイベントに1万人以上が集まるなど集客ではなく「誘客」を得意とする。現在は事業主を対象にコミュニティビジネス構築、チームレバレッジ構築、ファンクラブづくりを教えている。