お宮参りの服装が知りたい!赤ちゃんや両親の基本的な服装とは?

スポンサーリンク

子供が産まれて最初の外出行事「お宮参り」!!お宮参りでの基本的なルールや服装が知りたかったので、色々調べてみました(^_-)

 

子供と一緒に行けるのがとっても楽しみです!!


 

お宮参りとは?

japan-1459534_1280
お宮参りとは赤ちゃんの誕生を祝う行事の一つです。生後1ヵ月頃に神社に参拝し赤ちゃんの誕生を祝い健康と長寿を祈ります。

 

男の子は生後31~32日、女の子は生後32~33日に行います。

 

生後間もない赤ちゃんや、出産を終えたばかりのお母さんの体調を見ながら、天候やお日柄などをみてお参りする日を選びます。最近では、お父さんの仕事が休みの日に合わせてお宮参りをすることが多いようです。

 

お宮参りは日取りのタブーはない。大安の日でなくても大丈夫

お宮参りを仏滅に行うのは避けた方がいいのでしょうか?大安の日でないといけないのでしょうか?という疑問もありますが、全く関係ないそうです。この日取りはタブーという日もないそうです。

 

お宮参りに着ていく服装は?

お宮参りの際の両親の服装は、最近では洋服が大半となっています。着物は着付けや髪型などの準備が大変なのに対し、洋服は気軽に利用できます。あくまでも主役は赤ちゃんですので、両親だけが派手にならないよう気をつけてください。

 

赤ちゃんの服装について

baby-1323756_1280
昔の風習としては、ママの実家が、掛け着といわれるお祝いの品である着物を準備し、贈っておりました。赤ちゃんが男の子の場合には、パパの家紋を入れた掛け着を用意することもあったようですが、地域の伝統によっては多少違いがあるようです。

 

参拝する際には、ママや祖母が赤ちゃんを抱いて、その上から掛け着をかけて紐を結びます。掛け着は赤ちゃんが初めて身に付ける着物ということから「初着」「産着(うぶぎ)」と呼ばれることもあります。

 

しかし、最近のお宮参り服装事情は赤ちゃんの正装としては、やはり着物なのですが、高価な物をいただいたとしても、保管するのにも、困ることもあって、参拝する際には洋装でオシャレをするお子さん達も増えてきております。

 

また、掛け着は購入する以外にも、レンタルすることもできます。お宮参りの写真を撮影してくれるスタジオには、掛け着を無料で貸してくるサービスを行っているところもあるので、予約をいれる際に聞いてみましょう!また、親戚やお友達などに借りるという選択肢もあります。

 

 

①お宮参りの祝い着(祝い着の着方)

02
■肌着の上に白羽二重の内着を着せます。その上から掛け着(晴れ着)を羽織らせ、(父方の祖母が抱っこしますので)赤ちゃんを抱いた状態で、祖母の首の後ろで付けヒモを結びます。

 

■お宮参り服装(正式な服装)は、下記のとおりです。
・男の子は白羽二重に「のし目模様」の紺色掛け着または黒羽二重の紋付等。
・女の子は白羽二重に「友禅模様」の掛け着等

 

夏に正式な祝い着を着せる場合には赤ちゃんの体温調整に気を配ってあげてください。

 

②ベビードレスとケープでお宮参り(ケープの着せ方)

01
上記①は着物の場合の例ですが、洋服の場合には、ベビードレスを着せてケープをかけるのが人気のようです。

■赤ちゃん用のお宮参りの衣装は、デパートなどでお宮参り用としてセットで売っていますが、最近は両親と赤ちゃんだけでお参りするケースも多く、祝着もベビードレスといった実用的なものを着せる場合が多くなりました。レンタル(貸衣装)を賢く利用するのも良いでしょう。

 

春、夏、秋、冬の気候に合わせ、夏は風通しの良い衣装を。冬は重ね着をさせたり、防寒対策をしたり、赤ちゃんの体温調整に気を配ってあげてください。

 

お母さんの服装について

03
主役である赤ちゃんの服装の格に合わせることになります。赤ちゃんが正式な祝い着の場合には、両親も正装。母親も訪問着や色留袖、紋付の羽織などになります。

 

■洋装・洋服の例: スーツ、ワンピース
髪型についてはむしろ控えめ、清楚、すっきりといった感じにするほうが母親らしくておすすめです。派手な飾りは避け、軽くまとめたり、清楚なアレンジ程度の髪型にします。

 

■着物の例(和装・和服):無地の付下、訪問着
お宮参りに着物を着用するケースはだいぶ少なくなってきているようです。和服(着物)の場合は、髪型もできればアップにして和装にふさわしいものにします。

 

■なお、コートを着用した場合には、神社で祝詞をあげてもらう際には神殿内では脱ぐのが正式なマナーです。

 

お父さんの服装について

04
主役である赤ちゃんの服装の格に合わせることになります。赤ちゃんが正式な祝い着の場合には、両親も正装。父親もブラックスーツなどになります。和服の正装の場合には一つ紋か三つ紋の羽織りに、着物、袴です。

 

■洋装 ・ 洋服の例:ブラックスーツ、 ダークスーツ
現代ではお宮参りに参列する父親の服装はスーツが大半です。

最近は赤ちゃんが掛け着であっても、両親はフォーマルなスーツやワンピースで行く方が多いそうですよ♪


スポンサーリンク


お参りの仕方

images-1
お宮参りでも一般的な神社のお参りと同じで大丈夫です。基本的には、一般の神社でのお参りと同じです。「二礼、二拍手、一礼」と覚えていきましょう。

 

神社の入口にある「手水舎(ちょうずや)」で手を清め、口をすすいでから社殿に進み、お賽銭をあげます。次に鈴を鳴らし、2回礼をし2回手を打ち、ここでお願いごとなどを手をあわせて祈願し、そして1回礼をします。

 

初穂料について

img60812514
お宮参りの際、お参りとお賽銭だけでもかまいませんが、お祓い(おはらい)をうけて祝詞(のりと)を上げてもらう場合は、事前に社務所に連絡しておきます。その際、祈祷の料金が決められいるのか、事前に確認しておきましょう。

 

お宮参りの祈祷料のことは、初穂料や玉串料と呼びます。もし金額の設定が無い場合は任意の額を包みますが、5000円から1万円ぐらいが一般的な金額の目安となります。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

今は、昔と違って掛け着を自分で購入する人が減っているそうです。もちろん購入をしても良いかと思うのですが、レンタルなどで用意するのもありかもしれませんよ。

 

そして、あくまでも子供が主役になるので、両親の服装はフォーマルな洋服でもいいかもしれませんね(^_-)


 

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

0歳の娘を育てながら、コミュニティビジネスにて過去最高売上を更新中。コミュニティビジネス構築研究所所長、広告費ゼロで年間2000人以上の見込み客が集まる交流会の顧問。過去5年間で主催したイベントに1万人以上が集まるなど集客ではなく「誘客」を得意とする。現在は事業主を対象にコミュニティビジネス構築、チームレバレッジ構築、ファンクラブづくりを教えている。